伏見周辺で一人暮らしをする

京都で一人暮らしをしたいと思った時、京都駅より南側はあまりよくないと言われることがあります。
これは京都よりも南側はあまり治安が良くないと言われるためです。

しかし、京都南側のエリアでもきちんと場所を選べば安心して住むことができるエリアも多くあります。
そこで、ここでは京都駅南側でも伏見区に絞り、オススメのエリアを紹介していきます。

伏見地区で最も人気なのは伏見桃山駅西側

伏見区エリアで最も人気なのは伏見桃山駅西側エリアです。
京阪本線伏見桃山駅を降りて西側というのは大手筋商店街があります。
この商店街はアーケード付きなので雨の日も歩いていて濡れません。

また、駅の周辺には大型スーパー、病院、区役所というように生活で必要な施設も並んでいます。
人通りの多いエリアでもあるので夜道を歩くのも安心です。

京阪線の伏見桃山駅は近鉄京都線桃山御陵前駅とも隣接しています。
そのため乗り物の便も良い点でも人気です。

第2位丹波橋周辺

第2位は丹波橋周辺です。
丹波橋は京阪本線と近鉄京都線の2つの駅を利用することができます。
さらに、付近には国道24号線が通っているので街灯も多いですし、人通りも夜間まであります。

駅の近くには小中学校が多い文教地区です。
そのため街も落ち着きがあり生活環境はとても整っています。

第3位は中書島駅北側

第3位は中書島駅(ちゅうしょじま)北側です。
京阪本線、京都宇治線の2路線乗り入れをしているので電車で色々な場所に行くことができます。
駅周辺は住宅街が広がっており落ち着いた街です。

駅前から府道も通っているために人通りも多くありますから夜道も安心です。
駅南側に中書島交番があるという点でも安心して生活することができます。

住む前には必ず街を歩こう

これらの地域は基本的に伏見エリアでも住みやすいエリアです。
ただし、住むにあたってはエリアをしっかりと確認しておかなければ少しの違いでも大きく住環境は違ってきます。
京都という土地柄少しごちゃごちゃしている印象を受けるエリアもありますし、道路が細いところも多いですから駅から少し離れた方が生活しやすいことも多いです。

特に伏見エリアというのは転居してくる人も多いエリアであるという点では引っ越してきて生活をしても馴染むことができます。
その点では安心して住むことができますから、ぜひ伏見エリアに住みたいと思えば先に地域を歩いて住みやすい場所かを確認するようにしましょう。